最新情報・コラム

column

発達障害児には体の柔軟性を高める運動もおすすめです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDやADHDなど発達障害のある人は体の柔軟性が低い傾向にあります。
特に股関節周りが硬いことが多く、しゃがむことができないような
子どももたくさんいるので、遊びの中に障害物をくぐったり
しゃがむことができるものを積極的に取り入れてみることも良いですね。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「棒くぐり」をご紹介します。
棒や縄を使って低めの障害物を作っておき、
子ども達はその下をワニ歩きでくぐり抜けます。

頭やお尻が障害物に当たりやすいので気をつけましょう。
障害物に当たらないように意識することで、
空間認知能力や身体周辺感覚の向上につながります。

手のひらで体をひきつけながら、足の親指で地面を蹴り、
手と足を使って進みます。
足の親指で地面を蹴るためには、足を股関節から大きく開かなければ
うまく地面を蹴って進むことができません。
後ろから補助につき、正しい動きができるようにしてあげてください。

障害物の数や高さなどでレベル調整しながら、
全身をうまく使って動く力を高めていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る