最新情報・コラム

column

「なぞなぞ横跳び(ケンケン)」で体幹の力を強くしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「なぞなぞ横跳び(ケンケン)」をご紹介します。

赤と緑など色の違う縄を1本ずつ用意し、少し間を空けて平行に置きます。

子ども達は縄の間に入り、片足立ちになります。

そしたら指導者は縄の色を指示を出し、子ども達は言われた色の縄を跳びます。

指示を聞く時もジャンプも着地も片足立ちなので、

バランスをとるために腹筋背筋、脚力やつま先の踏ん張り力も育ちます。

 

指示の出し方は、少しずつ難しくしていき、「緑じゃない方」や

「白(無い色)」などにも挑戦できるように練習していきましょう。

聞く力や認識力、判断力なども養われます。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る