最新情報・コラム

column

学習、身体面でも困難なことが多い特別支援学級の子ども達を支援する、放課後等デイサービスの運動療育プログラム

特別支援学級の子ども達は、学習能力への障害がある子と同様に、
身体面の発達でも困難のある子が多くいます。
「ジャンプができない」とか「まっすぐ歩けない」など、
体幹が未熟で思った通りに体が動かせないという子ども達です。

こうした子ども達には、体だけでなく脳を活発に
動かしてあげることも必要です。
運動あそびで基礎力をしっかり養っていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムの
「イメージカンガルーカップタッチ」をご紹介します。
複数の色のカップを床に間隔を空けてランダムに置きます。
指導者がタッチするカップの色を指示するので、
子どもはその色のカップをしゃがんでタッチしながら進みます。

色の指示は「ピーマンの色」や「消防車の色」など
その色を連想させるものを伝えます。
子どもによって理解度や記憶力、身体面でも差があるので、
それぞれの目標に挑戦し、達成できるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る