最新情報・コラム

column

「しりとり大縄」で体と頭を同時に使って遊びます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「しりとり大縄」をご紹介します。
大縄跳びをしながら、指導者としりとりをして遊びます。
大縄に引っ掛からないように一定のリズムで跳び続けながら
しりとりを行なうので、意外に高度な遊びです。
縄はゆっくり回し、子どもの跳ぶタイミングに合わせながら行ないましょう。

しりとりの答えがなかなかでない時は違う言葉にしたり、
ヒントを出してあげるようにします。
慣れるまでは1回しりとりができたらOKです。
慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る