最新情報・コラム

column

「カップタッチカエル」で記憶の操作力を身に付けましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「カップタッチカエル」をご紹介します。

3色ほどのカップを用意して、床に間隔を空けて並べておきます。

そしたら「赤→黄色→青」など、色の順番の指示を出します。

子どもはそれを覚えて、カエルさんになってカップのところまでいき、

指示された順番通りにカップをタッチしていきます。

もし後ろにあるカップをタッチしたい場合は、向きは変えずに

そのまま後ろ向きのカエルジャンプでカップまで行き、タッチします。

 

最初に指示された色の順番を記憶しておきながら、

カエルジャンプでタッチして進んでいく動きで、記憶力を高めながら遊びましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る