最新情報・コラム

column

療育によって発達障害児の社会的な自立支援を行ないます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を克服する方法や完治させる薬などは、今の段階では
存在していません。
早期の療育によって、本人の良い面、得意な面を伸ばしながら
持っている力を引き出し、困り事を減らしていけるように
周囲がサポートしてあげる必要があります。

適切な対処で、子ども達の自己肯定感を高め二次障害を防ぎながら
将来の自立に向けて良い方向に導いていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「綱渡りしながら積み木拾い」を
ご紹介します。

1本の縄を床に置き、その周りに積み木をばらまいておきます。
子どもは1人ずつ、縄の上を綱渡りのように渡りながら、
指導者に指示された積み木を拾って最後まで縄を渡ります。
縄の長さは最初から長くせず、少しずつ長い距離にしていきます。

拾う積み木の指示は、色の指定、数の指定、形の指定、順番の指定と
段階を追って組み合わせながら難易度を上げていきます。

速さを競うものではなく、縄から落ちないようにすることが大事です。
積み木を拾う時も、バランスをとりながらゆっくりしゃがんで
取るようにしましょう。
ただ、バランスをとることばかりに気をとられてしまうと
積み木の指示を忘れてしまいやすいので、
簡単な指示から始めて少しずつ難易度を上げていきましょう。

積み木拾いだけでなく、他にもいろいろなアレンジで
遊ぶことができます。
子ども達の育てたい力に合わせて取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る