最新情報・コラム

column

発達障害から不登校や二次的な障害につなげないために。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害での症状や特性を周囲が理解していない状態だったり、
療育などの対処を何も行なっていない場合では、
そこから二次的な障害へつながっていってしまうことが多くなります。
それは不登校やパニック障害、うつ病など様々な形で現れます。

ASD、ADHD、LDなど全ての発達障害や知的障害で、
二次障害を防ぐために周囲の理解と適切な支援が必要です。

こどもプラスで提供する運動療育プログラムの中から
「散歩」遊びをご紹介します。
友達と手をつないで一緒に歩きます。

まずはゆっくりペースを合わせて歩くことができたら、
ジグザグコースや棒くぐり、障害物を越えたりする場所を作り、
2人で一緒に進んで行く練習をしましょう。
ただ歩くだけではなくいろいろな動作が加わることで
相手を意識する力がより強く育ちます。

アレンジ次第でどんどん遊びは変化していくので、
楽しい遊び方をたくさん提案してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る