最新情報・コラム

column

発達障害の子の中には、ルールさえわかれば集団遊びに参加できる子もいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達は、遊びのルールや日常のあらゆることを
「見よう見まね」で覚えていくということが苦手です。
そのため、根気良く丁寧に説明し教えてあげなければ
理解できないことがあります。
発達障害の子ども達の中には、ルールややり方がわかれば、
みんなと一緒に遊ぶこともできるようになる場合があるので、
しっかり見てあげることが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「つま先ダッシュ」をご紹介します。
かかとを着けずにつま先だけで忍者のように走ります。

足の親指の力や足首の蹴り返しの動きが育つので、
転びやすかったり、動きがぎこちないといった子におすすめです。
また、足の親指にしっかり負荷をかけることで
土踏まずの形成にも効果があります。

バランスの良い身体作りのためにも、静かなつま先歩きの練習を
繰り返し行なってみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る