発達障害特性で一番困っているのは子ども本人です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

小さい子どもの場合、発達障害とはまだ言い切れないケースも
多いですが、それでも日常生活をスムーズに送れないということがあります。
できないことやわからないことが多かったり
困ることが多い場合、その対応に困ってしまうこともありますが、
実際に一番困っているのは子ども本人です。

困っているのにできない理由がわからない、
自分の気持ちをわかってもらえない、というのはとても辛い状態です。
子ども達が日々の生活を安心して送れるように
こどもプラスの放課後等デイサービスでもサポートしていきましょう。

今日はこどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムから
「跳び箱の上を移動」をご紹介します。

1段と2段の跳び箱を用意して少し間を空けて並べます。
まず低い方の跳び箱に乗り、次に高い方の跳び箱に移動します。
最初のうちはゆっくりまたぐように移動し、
慣れてきたら軽くジャンプして飛び移ってみます。

そしてしっかり着地するところまでが大事なので、
着地点にはフープなど目印を置いてその中に両足で着地したり、
着地後に好きなポーズを決めるようにしても良いです。

低い→高いができたら、高い→低いにも挑戦してみてください。
また、複数の跳び箱や丸めたマットなどを使って、
次第に長い距離を渡っていけるようにしてみましょう。

1段や2段という低い高さでも、普段高いところに
登って遊ぶ経験のない子は、怖くて体が強張ってしまうことがあります。
その場合は手をつないで補助をしたり、
丸めたマットの上を飛び移ることから始めるなどの方法で
少しずつステップアップを目指すようにしてください。

高所感覚、足の指先の踏ん張り力、バランスをとる腹筋背筋、
着地までしっかり行なえる集中力や記憶力など、
子どもに合わせた遊び方で育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る