最新情報・コラム

column

工夫した「1本橋を渡る」でバランス力や集中力を高めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「1本橋を渡る」遊びは、平均台を渡る遊びです。
ただ歩いて渡るだけだと飽きてしまい、速く渡りたくなって危険なので、
両手を広げてバランスをとりながら渡ることができるようになったら、
手に何かを持って渡ってみても良いでしょう。

例えば、お盆やお玉の上にピンポン玉を乗せて、落とさないように渡ると
スピードを出すことはできず、集中力も高まります。
落とさずに渡りきることで達成感を感じることもできます。

こうした工夫で、危険度は低下させながら遊びの満足度は高めることができ、
育つ力もどんどん増えるので、ぜひいろいろなアレンジで遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る