最新情報・コラム

column

集中力・抑制力を強く育てる「足きりごっこ」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「足きりごっこ」のご紹介です。

子どもの足元に2本の線を引いて、その中に入ってもらい、
そこからはみ出さないように伝えます。
指導者は大縄の両端を持って、子どもの足元をすくうように移動します。
子どもは、縄に引っ掛からないようにその場でジャンプして避けます。

ポイントは、2本の線の中から出ないこと。
縄の動きをよく見て、自分で判断して跳ぶことです。

縄の動きをよく見て、タイミングを合わせて跳べるように練習しましょう。
縄が前からも後ろからも来るようにしたり、
速さを変化させたりしながら、集中力や抑制力、判断力を育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る