最新情報・コラム

column

発達障害では自由に過ごせる自由時間が苦手な場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

多くの子どもにとって自由時間は嬉しい時間ですが、
発達障害の子ども達にとっては、何もすることがなかったり、
何をすればよいのかわからなかったりする時間は戸惑ったり
苦痛に感じることが多く、自由時間は苦手なことがあります。

子ども達が毎日の生活を安心して過ごせるように
個々に合わせたサポートをしていきましょう。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「横ジャンプ移動」をご紹介します。

子ども達は数人ずつ横一列に並び、体を横向きにしたら肘を曲げて
体の横に付け、ステップを踏むようにして横ジャンプでまっすぐ進みます。
もし途中で曲がって進んでいってしまう場合には、
足元にテープなどでコースを作って行います。
この時、目線が足元ばかりにいってしまわないように声掛けをしてください。

顔の向きは進行方向ではなく正面を向いたまま進めるように、
最初のうちは指導者が子ども達の前で向かい合って
見本を見せながら行うのも良いです。

最近は、日常の中で横に動くような動作をする機会が少なく、
反復横跳びのような巧緻性を必要とする運動を苦手としている子が
とても多くなっているので、運動あそびとして
経験できるようにすることが大切になっています。

コースを工夫したり他の動作をプラスしたりしながら、
楽しく継続していけるように工夫してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る