最新情報・コラム

column

療育では支援する側の工夫が重要です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD、ADHD、LDなどの発達障害のある子ども達は、
それぞれの持つ特性によって様々な困難、困り事があり、
生活面、学習面、人間関係の面などで
大きなストレスを感じています。

それを軽減し改善していくために
子ども達には療育支援が必要ですが、
その中では子どものスキルを高めることを
求めるばかりではなく、
支援をする側も環境調整などの工夫・配慮を
することがとても大切です。
いつも子ども達の先の姿を見ながら、
療育活動で支援サポートをしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「棒くぐり」をご紹介します。

棒か縄で、低めの高さの罠を設置します。
子どもはうつ伏せで胸までしっかり床につけ、
両手と両足を左右交互に動かして進むワニ歩きで、
体が罠に当たらないように
気を付けながらくぐり抜けます。

特に頭やお尻が当たりやすいので、
体の後ろ側の見えない部分にまでしっかり意識を
行き届かせて進むようにします。
ワニ歩きでスムーズに進むためには、手にしっかりと
力を入れて体を引き寄せるようにし、
足は股関節から開くようにして、親指を立てて
地面をしっかり蹴りながら進むのがポイントです。

この動きで腕の懸垂力や足の親指の力を育て、
硬くなりがちな股関節周りを開く練習にもなります。
また、障害物を意識して体を動かすことで
ボディイメージも培われ、自分の体を思い通りに
動かすのに必要な力が育ってきます。

様々な動きを運動あそびの中で経験しながら、
生活に必要な基礎的な力を身に付けられるように
していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る