最新情報・コラム

column

「おつかいカンガルー」にアレンジを加え、頭を使って遊びましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「おつかいカンガルー」は、
両膝の間に手紙を挟んだカンガルーになることで、足を閉じたジャンプの習得を目指す遊びですが、
さらにアレンジを加えることで、認知力を高める遊びになります。

足に挟む手紙を、色のついた折り紙にします。
床には用意した折り紙の色を含む複数の色のカップを並べておき、
子どもは自分が足に挟んでいる折り紙と同じ色をタッチしながら進みます。
次は足に挟んでいる折り紙の色以外の色をタッチしていきます。

さらに慣れてきたら、手紙を入れる箱やかごをゴール地点に用意しておいて
入れる場所まで指定したりすると、かなり記憶力や記憶の操作力、
全体を見通す力などが育ってきます。

最初から全てをクリアするのはとても難しいので、
簡単なものから少しずつやっていき、子どもが自信をつけながらできるようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る