最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達は宿題や勉強を「やらない」のではなく「できない」ことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

多くの子ども達にとって学校の宿題は嫌なものだと思いますが、
発達障害やその特性を持つ子ども達が宿題をやらなかったり、
宿題をやるようにいうとかんしゃくを起こす場合の理由は
そういう次元の問題ではなく、「やりたくてもできない」
その子なりの理由があることがほとんどです。

例えばLD(学習障害)特性で、漢字の書き取りが極端に苦手だったり、
ADHD特性で、1つのことに長く集中することが困難だったり、
個々の理由で、「やらない」のではなく「できない」のです。

その理解があるだけでその後が大きく変わってくるので、
発達障害の診断がないグレーゾーンの子でも、困っていることがあれば
その症状や特性に合わせた療育支援が大切になります。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「クマ歩きでコーンひっくり返し競争」をご紹介します。

床にはたくさんのマーカーコーンを、表向きと裏向きにして
ばら撒いておきます。
子ども達は2つのチームに分かれて、コーンの撒いてある場所を
真ん中にして左右に分かれます。

そして、四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの姿勢になり、
スタートの合図があったら全員一斉にスタートし、
1チームは裏向きになっているコーンを表に返します。
もう1チームは表向きのコーンを裏にひっくり返します。
一定時間の間にどちらがたくさんひっくり返すことができるかで
競争をして遊びます。

クマ歩きの他に足を閉じたカンガルージャンプで行なうと、
コーンをひっくり返す時に足を閉じたまましゃがむことになるので、
難易度が上がります。

子ども達に合わせた遊び方で、楽しく参加できるように工夫して
提供していってください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る