最新情報・コラム

column

ぶら下がり遊びでは子どもの発達に応じて持ち方を変えましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「さるのぶら下がり」などのぶら下がり遊びでは、
最初慣れるまでは「逆手」がおすすめです。
逆手だと力が入りやすく、気をつけるポイントも少なくて済みます。

ただ、逆手だと連続で回ったり速く回るような動きがしにくいので、
慣れてきたら「順手」にするのが良いです。
体を前後に振る動きでも順手の方がやりやすいですが、
順手の形では、体の構造的に脇が開きやすくなります。
脇が開くと腕の引き付ける力が出しにくくなってしまうので、
逆上がりにつなげていくためにも、逆手で行なうと良いでしょう。

逆手で肘を曲げてぶら下がって、足打ちをしたり、
ボールキックをしたりしながら、腕、腹筋、背筋、股関節、太ももなどを
たくさん刺激して遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る