最新情報・コラム

column

いろいろなクマ歩きができたら「側転」にチャレンジです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

クマ歩き→片足クマ歩き→両手つき片足クマ歩き→クモの巣クマ歩きと
いろいろなクマ歩きで腕の支持力や腹筋背筋などがしっかり身に付いたら、
「側転」にチャレンジしていきます。

両手を頭の上から振り下ろして、進行方向と垂直になるようについて、
顎を開いて床を見ながら側転を行ないます。
手をつく時に肘が曲がっていたり、腕の支持力がまだ不十分だと、
腰が引けて体がくの字になったり、お尻から着地してしまいます。
肘を伸ばして上から振り下ろすことを意識して、挑戦してみましょう。

支持力が不十分な場合は、片足クマ歩きに戻って腕の力を再度つけていき、
自分の体が今どうなっているかをイメージすることも教えながら
無理なく挑戦していけるようにしてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る