最新情報・コラム

column

「跳び箱1周跳び」で支持力を鍛えることで怪我の予防につながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動あそびプログラムの「跳び箱1周跳び」をご紹介します。

2段の高さの跳び箱を用意し、手をついたまま足だけジャンプしながら
跳び箱の周りを時計周りに回っていきます。
大事なのは手をパーに開いて跳び箱の奥側につくこと、
足がバラバラにならないように揃えたままでお尻の高さまで上げることです。
この2つを意識して、しっかり腕に力を入れてジャンプしていきます。

一番大事なポイントは、「足を高く上げる」ことです。
足を高く上げると重心が前になり、腕にかかる負荷が増えるので
支えきれずに前のめりに倒れやすくなります。
顔を上げて数メートル前を見られるように、場合によっては目印を置き、
腕にもしっかり力を入れるようにしましょう。

跳び箱遊びは上手にできる子でも油断すると怪我をしやすいので、
安全に遊べるように補助にも気をつけて遊んでください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る