最新情報・コラム

column

「クモの巣反転ジャンプ」で先の見通し力を育てながら側転の練習です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「クモの巣反転ジャンプ」をご紹介します。

1本のクモの巣を用意し、両手はクモの巣をまたぐように向こう側につきます。
そして合図があったら、足だけでジャンプしてクモの巣を跳び越えます。
続いて2回目の合図があったら、手はそのままで動きを巻き戻すように
足だけを元の場所に反転ジャンプさせて戻ります。
手はしっかりパーに開き、顎を開くことを忘れないようにしましょう。

合図をよく聞くことと、2回目のジャンプでは1回目と逆方向に跳ぶイメージをして
身体を操作することが必要になります。
これを連続して行なうことで、ジャンプの度に次のジャンプの準備姿勢をとることになり、
先を見通す力が身に付いてきます。

腕の支持力も育ち、跳び箱や側転にもつながります。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る