最新情報・コラム

column

側転の練習になる「クマ忍者の修業」で体のコントロール力を高めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「クマ忍者の修業」をご紹介します。

マットを2枚用意し、40cmほどの間隔を空けて並べたら、
その間に入って床に手をつき、クマ姿勢になります。
そして、手は動かさずに足だけでマットからマットへ飛び移って遊びます。

最初は片足ずつ左右にジャンプできれば良いので、
慣れてきたら両足一緒に左右にジャンプできるようにしていきます。
横ジャンプで側転につながる動きなので、少しずつ足を高くあげて
ジャンプできるように練習していきます。

飛び移る時に腕だけで全体重を支えるので、腕の支持力が強く育ちます。
他にも着地位置を認識する空間認知力や、体のコントロール力も身に付くので、
慣れてきたらマットの間隔を離したり、
マットをつなげて前に進んでいくような動きにも挑戦してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る