最新情報・コラム

column

「両手つき片足クマ」で跳び箱や側転の動きにつなげていきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「両手つき片足クマ」をご紹介します。

片足クマは、最初は両手をバラバラについて行ないますが、

慣れてきて力が十分についてきたら、両手を同時につく片足クマに挑戦してみましょう。

両手を同時につくことで腕にかかる負荷が増えて力がさらに育ち、

跳び箱や側転の動きにつなげていくことができます。

 

子ども達がスムーズに進めるように声掛けを行い、短めの距離に設定しましょう。

また、上げた足はまっすぐに伸ばして高く上げるのが理想ですが、

手を同時につくことに意識が行ってしまったり、

腹筋が弱くて足が高く上がらないこともあります。

最初はあまり形にこだわらずに行なうと良いかもしれません。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る