最新情報・コラム

column

側転や跳び箱につながる「切り返しウシガエル」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「切り返しウシガエル」をご紹介します。

ウシガエルの動きで、三角コーンなどで作ったジグザグのコースを進んでいく動きです。
速く進むことよりも、1つ1つの切り返しを丁寧に行なうことが大切です。
コーンの箇所で方向転換をする時は、ついた手を中心として切り返しをすることになります。
両手をついたら、お尻は外側に振るようにしていくと上手に切り返しができます。

通常のウシガエルの動きと違って、力が前方向ではなく斜め前方向にかかります。
体のコントロール力がまだ弱い場合は、切り返しのテンポが少し遅れますが、
最初はそれでも良いので、お尻を外に振って上手に切り返しをすることを目指し、
側転や跳び箱の動きにつなげていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る