最新情報・コラム

column

「動物フープ渡り」で空間認知や身体コントロール力を向上させます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「動物フープ渡り」をご紹介します。

床には複数のフープをランダムに並べていき、コースを作ります。
直線ではなく斜め方向に進むことができるように作りましょう。
そして、好きな動物になって、このフープの中だけに手足をつきながら渡っていきます。
クマ歩き、ウシガエル、うさぎ、カンガルーなどの動物で、
フープに当たらないように気をつけて進んでいきましょう。

フープの間隔を空けることでより空間認知が育ちます。
さらに難易度を上げるために、入ってはいけないフープの色を決めたり、
音を立てないようにカエルで進んでみたりと、
子ども達の興味を引きやすい方法を考えて、少しずつレベルアップしながら遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る