最新情報・コラム

column

「跳び箱でカエルの足打ち」で体のコントロール力を高めましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「跳び箱でカエルの足打ち」をご紹介します。

跳び箱を跳ぶ動きや、側転の上達につながる遊びです。

まず跳び箱に両手をパーにしてつき、顎を開いて前を向きます。

そして、手はついたままで足だけを上に上げて足打ちをします。

2回ほどできるようにチャレンジしてみましょう。

 

腕の支持力や、腹筋背筋、バランス力や高所感覚が育ちます。

まだ力が弱かったり、感覚が身についていなかったりしてできない場合は、

足を高く上げなくても良いので、低い位置で足打ちをしてみましょう。

腕の力が弱いとひじが曲がって顔をぶつけたり、

跳び箱の前に落ちてしまう危険があるので補助に気をつけて行ないましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る