最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達1人1人の特性を理解した支援で力を伸ばしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持った子ども達は、脳の使い方が特徴的です。
そのために、他の人と同じ経験をしても違う見方、考え方、感じ方をします。

それによって、本人はがんばっているつもりだったり、
全く悪気はなく普通のことだと思ってしたことに対して
周囲から批判されてしまうことがありますが、
なぜ批判されるのか理解ができず、精神的にもつらい思いをします。
そして、そういう状況が続くと、不登校や引きこもりなど二次的な症状に
つながってしまうこともあります。

発達障害のある子ども達が安心して生活できるように
1人1人の特性を理解した支援が大切になります。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「逆グーパー跳び」をご紹介します。

まず、両手は腕を曲げて胸にくっつけるグー、
足は横に大きく開くパーの姿勢になります。
次は手をまっすぐ伸ばして大きく開くパー、
足はピタッと閉じるグーにします。
これを繰り返して、まずは手と足が逆の動きになることを
しっかり確認しながら行なっていきます。

それができたら、次はジャンプをしながら手足逆のグーパーを行います。
最初はゆっくり行ない、少しずつスピードを上げます。

手と足が別の動きをするので、手と足のそれぞれにしっかり意識を
向ける必要があり、体の動きをコントロールする力が育ちます。
最初からジャンプをして動きを切り替えたり、速いスピードで行なうのは
子ども達にはとても難しいので、段階を追って練習しながら
ステップアップしていきましょう。

この遊びを繰り返していくことで、日常生活での集中力や抑制力にもつながります。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る