最新情報・コラム

column

「クマさんで足じゃんけん」で相手に合わせる社会性を育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「クマさんで足じゃんけん」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、向かい合ってクマ姿勢になります。
顔を上げて相手を見ながら、タイミングを合わせて足でじゃんけんをします。
グーは足を閉じて膝を曲げ、しゃがんだ姿勢です。
チョキは片方の足は膝を曲げて、もう片方の足はまっすぐ後ろに伸ばした姿勢です。
パーは足を伸ばして横に大きく広げた姿勢です。

両手はついたまま、一度ジャンプして体を浮かせてからグーチョキパーを出すので、
体重を支える腕の支持力、体が空中で倒れないようにバランスを取り、
さらに下半身を持ち上げるための腹筋背筋が育ちます。

この動きで上半身と下半身の連動性が高まると、鉄棒や跳び箱も上達します。
相手とタイミングを合わせようとすることで社会性も高まるので、
相手を変えながらたくさん遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る