最新情報・コラム

column

「ジグザグ歩き&動物歩き」で空間認知力を高めましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「ジグザグ歩き&動物歩き」をご紹介します。

2本の縄やテープを使ってジグザグのコースを作ります。
そのコースの中をまずは普通に歩いてみます。
次は今までやったクマやうさぎ、カンガルーなどの動物になって歩きます。

ジグザグのコースをはみ出さないように歩くことで
空間認知力を高め、体のコントロール力を養うことができます。

初めは広めの幅のコースにし、慣れてきたら狭いコースや、
狭いところと広いところがあるような複雑なコースにも挑戦しましょう。
できそうなら、コースの線をカップを置いて作ると
点と点を頭の中で結びつけてイメージしながら行なうことができるので、
さらに空間認知能力を高めることができます。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る