最新情報・コラム

column

「棒またぎくぐり」で身体周辺感覚を育て体のコントロール力を上げていきます。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「棒またぎくぐり」のご紹介です。
「棒くぐり」ではまっすぐの棒や縄を使いますが、
この遊びではフラフープを使うことで障害物の難易度を上げて遊びます。

まず、椅子とフープで高さのある障害物を作ります。
フープに当たらないように歩いて慎重に渡っていきましょう。
帰りはワニさんでくぐって帰ってくるようにします。
このとき、背中やお尻がフープに当たらないように意識を向けることで
身体周辺感覚が育ち、バランスの良い転びにくい体になります。
ゆっくり慎重に行なうことを大切にし、しっかり力を養っていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る