最新情報・コラム

column

「忍者前回り降りのポイント着地」ゆっくりした動きで強い筋力を育てましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達が前回りをしたときは、前回り落ちになってしまうことが多いと思います。
そうではなく、ゆっくりと前回り降りをして懸垂力や腹筋を強く育てましょう。
そして「忍者前回り降りのポイント着地」では、
ポイント着地で着地位置も指定し、ゆっくり降りることを意識付けます。

鉄棒の下にはフープや色のついたカップなど、印になるものを置いておきます。
そして前回りをしたらゆっくり降りながら指示されたところに着地します。
ゆっくり回転することが難しい場合には、子どもの背中や肩を押さえて
体を支えながら回れるように補助し、
鉄棒からお腹が離れるときに腕を曲げて力を入れるように声掛けします。
体重を全て補助者に任せてしまうのではなく、
できるだけ自分の力でがんばれるように、補助の力を調節しましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る