最新情報・コラム

column

指示が伝わりにくい発達障害児には伝え方に工夫が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHDなどの発達障害の子ども達には、
指示がなかなか伝わりにくいことがあります。
これは、集中力の問題や、一度に複数の情報が入ってくる状態だと
情報の処理ができなくなること、
耳からの情報は理解しにくいことなどが原因としてあります。

指示の伝え方を工夫しながら、理解を促していきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「マネっこあそび」をご紹介します。
指導者の言葉と動作を真似する遊びです。

指導者が「頭」「お腹」「ほっぺ」などと体の部位を言いながら
触るので、同じように言葉と動きを真似します。
動きだけでなく言葉も真似ることで言葉の理解力や、
相手の言葉を集中して聞く力も育ちます。

マネっこあそびで、模倣力や社会性を強く育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る