最新情報・コラム

column

忍者平均台でバランス力アップ。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子供の遊びは昔と比べて変化しています。

体を使った外遊びや、自分で遊び方を考えて遊ぶことはぐんと減っています。

大人が遊びの場所や機会を提供してあげることも必要な時代です。

「忍者平均台」も昔なら遊びの中で習得できた力ですが、

今の子供の中にはなかなか難しい子もいるので、低い高さから提供します。

忍者に変身して平均台を渡っていきますが、

怖がっている子は2本並べて太くしてあげたり、

横に付き添って手を持って補助をしてあげるようにしましょう。

無理させると恐怖心からさらに苦手になってしまうので、

子供の段階に合った対応をしていくことが大切です。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る