最新情報・コラム

column

足先の調整力、腹筋や腕の力もつく「さるの玉乗り」。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

全身の筋力のコントロールをすることはなかなか難しいことです。

特に子どもは、手や足の先まで意識を行き届かせることが苦手なので

遊びの中で自然にそれができると、効果的に力が育ちます。

 

今日ご紹介する運動療育プログラムは「さるの玉乗り」です。

まずは鉄棒にぶら下がっておさるさんに変身します。

腕を曲げて足を上げたおさるさんになったら、

足元に置いてあるボールに乗ってみましょう。

 

うまく体重をコントロールしながら、足の先や膝で調節しなければ

ボールに乗り続けることができません。

また、腹筋の力が弱くてもうまくできないので、

そういう子にはボールを押さえてあげる補助をしましょう。

 

腕の力や腹筋の力をつけることは怪我予防にもなります。

たくさん遊びこんで力をつけていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る