最新情報・コラム

column

体幹や内転筋を育て、足を閉じて座れる力をつけましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今の子ども達は運動不足の子が多く、日常生活で使う基礎筋力さえも
身に付いていない子がたくさんいます。
発達障害の子ども達は特に運動不足になりがちなので、
段階を追った運動あそびの提供で、しっかりと体を育てていきましょう。

例えば椅子に座った時、背筋を伸ばして足を閉じた姿勢で座るためには、
体幹や足の内股の内転筋などが必要になります。
特に内転筋は普段の動きではなかなか育たない部分なので、
運動あそびで刺激していくことが大切です。

内転筋を刺激する動きは、横向きのカニ歩きや反復横跳び、
足の間に小さなボールや鈴を挟んで行なう、ジャンプやぶら下がり遊びが効果的です。

基本の遊びにいろいろなアレンジを加えることで育つ力を増やし、
子ども達の発達につなげていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る