最新情報・コラム

column

つま先後ろ歩きでバランス感覚をきたえ、動きの幅を広げましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「つま先後ろ歩き」のご紹介です。
床に1本の直線を引き、その線の上から落ちないように後ろ向きで歩いていく遊びです。
速く進もうとせず、ゆっくりで良いので線から落ちないように歩きます。
後ろ歩きで後ろが見えない状態なので、後方への意識が強くなり、
回転するような動きが大きくスムーズにできるようになります。
そして、つま先歩きでバランス感覚や指先の踏ん張る力も身に付きます。
転びやすい子は転びにくくなり、速く走ることもできるようになっていきます。

見えない方向へ進むのは不安なので、指導者は声をかけながら行ないましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る