「じゃがいも迷路」で体を器用にコントロールする力をつけます。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「じゃがいも迷路」のご紹介です。
マットを3枚ほど用意し、縦、横、斜めというようにつなげます。

そして、仰向けで体操座りのように足を両手で抱え込んだ状態で
横向きにごろごろ転がるじゃがいもになって進んで行きます。

体を伸ばした状態のさつまいもよりも転がりにくくなるので、
しっかり反動を活かして転がる力も必要になります。

もし、うまく転がれない場合はさつまいもでやってみましょう。

コースがまっすぐではないので、先をよみながら体をコントロールして
方向転換していく必要もあります。

体の向きや力の入れ方などを考えながら行い、
マットから落ちないように確認しながら進んでいくようになります。

うまくできない子がいたら、なぜできないのかよく観察して、
適切な補助や練習方法を行なうようにしていきましょう。

体のコントロール力を養う運動遊びをもっと知りたい方は、こちらのプログラムもご覧ください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る