最新情報・コラム

column

発達障害では自分で自分を責めてしまうことも多く、理解を促すことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDやLDではできることとできないことの差が大きく、
周囲から「甘えている」「努力不足だ」などの
誤解を受けてしまうことも少なくありません。
子ども達の中には、本人でさえそう思い込み、
自分で自分を責めてしまうこともあります。
まずは自分で自分の特性や苦手を理解することが必要です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの「めだか走り合図で集合」をご紹介します。
まずは「めだか走り」を行います。
両方の手の平を体の前でくっつけて、固定したまま走ります。
手を振らずに固定した状態で走ることで、
体のバランスが取りにくくなるのでフラフラしないように意識します。
こうすることで、普段からまっすぐ安定して走れるようになります。

このめだか走りで、合図があったら指定された場所まで移動します。
指示の声を聞く時には集中力が必要になり、
相手に興味を向ける社会性も養われます。
また、合図を聞いて動くための判断力や俊敏性なども身に付くので、
日常生活でも役立ちます。

合図の声は工夫し、少しずつ力をつけていけるように促しましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る