最新情報・コラム

column

ワーキングメモリが弱いADHDでは会話に苦手意識を持つ人が多くいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDでは、ワーキングメモリ(短期記憶)の能力が弱く、
脳内の情報処理能力に問題があるとされています。
そのために、情報処理の繰り返しである「人との会話」は
苦手な人が多くいます。
社会生活では人との関わりが必須なので、
そのストレスを少しでも減らしてあげられるようにサポートしていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「両手ハイタッチ」をご紹介します。
子どもと向かい合い、両手を子どもに向けて出したら、
ジャンプして両手同時にハイタッチをしてもらいます。

大人の肩幅くらいの幅で、低く→高くを繰り返したり、
右と左で違う高さにしたりしながら遊んでいき、
跳躍力、リズム感、瞬発力、持久力、空間認知能力を育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る