「スキップでだるまさんが転んだ」ルールの理解や抑制力を育てます。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「スキップでだるまさんが転んだ」では、ルールの理解や抑制力を育てます。

運動療育プログラム「スキップでだるまさんが転んだ」のやり方

運動療育プログラム「スキップでだるまさんがころんだ」では、
通常のだるまさんが転んだを走るのではなく、スキップで行ないます。

スキップだと速く進めないのでつい走ってしまいたくなりますが、
その気持ちを抑えてスキップで進むことで抑制力がとても育ちます。

「だるまさんがころんだ」の声が止まったらできるだけ素早く、
ピタッと体の動きを止められるように意識付けながら、
なれてきたら止まるときのポーズを指定してみたりもしましょう。

「スキップで進んで、止まるときは両手を頭の上に」など
簡単なものから始めて、子ども達の様子を見てレベルアップしてみましょう。
ポーズが追加されることで、さらに記憶力も必要になります。

まずはピタッと止まれたらたくさん褒めてあげながら、
次へのやる気へつなげていきましょう。

スキップに関する運動遊びをもっと知りたい方は、こちらの療育プログラムも参考にしてみてください!

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る