最新情報・コラム

column

同時に2つのことに意識を向けて動いてみましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「ジグザグカンガルーでタンバリンタッチ」のご紹介です。

床にまっすぐに縄を置いて、縄を踏まないようにジグザグに

カンガルージャンプで跳んでいく動きの途中でタンバリンをタッチします。

リズムよくジャンプしていくために、肘を曲げた腕振りを意識しましょう。

タンバリンをタッチするのは、着地と同じタイミングで行ないます。

縄とタンバリンの2つのことに注意しなければいけません。

これがなかなか難しいので、苦手な子は縄がないところで

ジャンプとタンバリンタッチだけの練習をしてみましょう。

 

子ども達にとって、2つのことに意識を向けながら動くことは難しいことです。

1つのことでも最後まで意識し続けることは難しいので、

短めの距離に設定して行い、全てを完璧に行なうことを意識せず、

遊びとして楽しめるように気をつけましょう。

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る