最新情報・コラム

column

事前に動きを予測する力をつける「走り幅跳び」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「走り幅跳び」のご紹介です。

走り幅跳びは、走ってきて踏み切り位置で両足で踏み切ってジャンプする動きです。

走っている途中で踏み切るためには、事前に踏み切る位置を予測して

動かなければ、うまく踏み切ることができず大きく跳べません。

 

この、事前に動きを予測するということは、2つの動作を同時に行なうような

協応力につながってくるので、積極的に取り入れてみましょう。

また、踏み切るときには足の親指に力を入れて踏み切ることや、

腕を大きく振って反動をつけることなども意識できるようにしていきましょう。

そして、着地もしりもちをつかないようにポーズまでできると良いですね。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る