最新情報・コラム

column

「マネっこ遊び」で模倣力を育て、コミュニケーション力を向上させましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

模倣遊びで、発達障害を持つ子ども達が人に興味を持ち、
社会性やコミュニケーション力を身につけていけるように促しましょう。

運動療育プログラム「マネっこ遊び」のご紹介です。
指導者と子どもで向かい合い、指導者の言葉と動きの真似をする遊びです。
「あたま」と言いながら頭を触ったら子どもも「あたま」と言いながら触ります。
動作だけでなく、言葉も発することで言葉の認識力を高め、
指導者の言葉をしっかり聞こうとする力が育つので、
普段から人の話に耳を傾けて聞くことができるようになっていきます。

これは、コミュニケーション能力を向上させることにつながるので、
日々の活動の合間にも継続的に取り入れていくと良いですね。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る