最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達の中には暗黙のルールがわからず困っている子が多くいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

世の中の多くの人達にとって「当たり前」のことも、
発達障害を持つ人達にとっては当たり前ではないということは
思っているよりもたくさんあります。

例えば、いわゆる「暗黙のルール」です。
人同士の付き合いの中では必ずあるものですが、
これがまったくわからない状態では、対人関係を築くのが難しかったり、
周囲の人から非常識だと思われてしまったりします。

多くの子ども達は敢えて教えられなくても自然に身に付けていくことが
できますが、発達障害のある子ども達には、具体的に、
そして丁寧に繰り返し教えていかなければなかなか身につきません。
子ども達のスムーズな生活のために、支援をしていきましょう。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「前後カンガルー」をご紹介します。

縄などの障害物を床に置き、それに当たらないように前後に
ジャンプをして遊びます。
ジャンプは、両足がバラバラにならないように意識しながら
カンガルージャンプで行います。
腕を大きく振って、一定のリズムで跳べるように
「前、後ろ、前、後ろ」と最初はゆっくり声掛けをします。

前に跳ぶのは簡単ですが、後ろに跳ぶ時には少し難しくなります。
足の指先に力を入れて後ろ向きに跳び、着地も
バランスを崩さないように踏ん張る必要があります。
さらに、すぐに次のジャンプに備えなければいけないので、
素早い切り替えや判断力、身体コントロール力が重要になります。

慣れてきたらスピードを上げたり、「前」と「後ろ」を
ランダムにするなど少しずつレベルアップを目指していきます。

ルールを守って楽しく遊べるようにし、遊びの中で様々な力を
身に付けていけるように促しましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る