最新情報・コラム

column

発達障害は合併していることも多く、見極めが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの
発達障害と診断された人の中には、
それが単独の場合もありますが、
複数を合併して持っていることもあり注意が必要です。

例えばADHDと学習障害を合併している場合は
見極めが難しいことがあります。
学習の遅れがある場合、それがADHDによる集中力の問題なのか
学習障害によるものなのかで対応の仕方が
違ってくるので、よく見極めなければいけません。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムから
「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

縄やカップなどを使ってジグザグにコースを作り、
片足クマ歩きでコースからはみ出さないように進みます。
顔を上げて前を見る、手をしっかりパーに開く、
片方の足を上げて引きずらない、などのポイントに
気をつけながら、手→足→手→足の順番に前に出して進みます。

両手と片足立ちなので左右のバランスがとりにくくなりますが、
腹筋や背筋に力を入れて歩き、
体幹の筋力をしっかりと養いながら今後の動きに
つなげていきましょう。

遊びを提供する時は、子どもによってストーリー設定をして
楽しんだり、目標をクリアしていくような遊びにしたり、
楽しめるアレンジをしながら取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る