最新情報・コラム

column

強い体幹を育てる「ジグザグ片足クマ」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

床に1本の縄をまっすぐに置いておきます。
片足クマの姿勢になり、両手は肩幅で縄を挟むようにつきます。
手を前に出したら、足は1歩ずつ「右→左→右→左」と
左右交互になるように動かして進みます。

1本線をジグザグに進むことで、視覚で縄を捉える空間認知力や、
下半身の動きをコントロールする力、
左右交互に進むという記憶の操作力などが身につきます。

そして、バランスを崩さないように進むのに一番重要なのが足をつく位置です。
一番踏ん張りのきく位置に足を運ぶことと、
左右に倒れないように腹筋背筋に力を入れることを意識して行ないます。

腹筋背筋が弱い場合は、片足クマの足伸ばしなどで腹筋背筋を育てていくようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る