発達障害での人間関係のトラブルは年齢ごとに増えてくるので早めの対応が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の人達は、
悪気なく人を傷つけたり怒らせるようなことを
口に出してしまうということがあります。

これを言ったら相手はどう感じるかということを
想像する力が未熟なために、思ったことをすぐに
口に出してしまうので、その都度丁寧に教えていく
必要があります。

人間関係のトラブルは年齢を追うごとに増えて、
悩みやストレスの大きな要因になるので、
早い段階での対処がとても大切になります。

<関連記事>

発達障害による人間関係のトラブルを運動遊びで改善する

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「なぞなぞ横跳び」をご紹介します。
赤と緑などの色の違いがわかりやすい2本の縄を用意し、
間を空けて平行に並べます。

子ども達は2本の縄の間に入り、指導者が指示した色の
縄を横跳びで跳び越します。

色の指定は「赤」や「緑」に慣れてきたら、
「いちごの色」や「赤じゃない方」にしたり、
色ではなく「窓に近い方」などもできたらチャレンジしていきます。

ジャンプする時は、他の子とタイミングを合わせて跳べるように
「せーの」で跳ぶようにしましょう。
そうすることで、自分で考えて判断する力や、
答えがわかっても合図があるまで跳ばずに我慢する
抑制力などの力も養っていくことができます。

集中しないとできないので、環境設定にも配慮しながら
楽しく遊べるようにしてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る