最新情報・コラム

column

ASDでは自他の区別がつきにくいことでもトラブルが多く起こります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)では、「自他の区別がつきにくい」
という特徴があります。
自他の区別とは、自分の物と他人の物の区別や、
自分と他人は違う人間というようなことですが、
ASDの子ども達はこれがなかなか理解できにくいので、
人間関係でトラブルになりやすく、
根気良く教えていくことが必要になります。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「クマで鬼ごっこ」をご紹介します。
クマの姿勢で鬼ごっこをして遊びますが、
通常の鬼ごっこのようにバラバラに逃げ回ると
クマの姿勢では視野が狭くなるため危険なので、
指定された場所へ逃げる、時計周りで逃げるように
指導者が鬼になって追いかけて遊びましょう。

鬼の位置、友達の位置を常に意識しながら、
逃げる場所やコースを瞬時に判断することで
前頭前野を刺激することができます。
また、クマ姿勢なので腕の支持力強化につながり、
視野を広くするという効果もあります。

子ども達に合わせたいろいろな遊び方を考えて
遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る