最新情報・コラム

column

失敗を恐れる自閉症児には間違いを指摘せず修正することが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDの中でも言葉の遅れがある自閉症では、
少しずつ言葉の発達を促していきますが、
子どもが間違った話し方をした場合、
間違いを指摘せずに修正してあげることが大切です。

自閉症の子ども達は、間違いや失敗を極度に恐れる傾向があるので
適切な方法で支援していく必要があります。

こどもプラスで提供している運動療育プログラムから
「足を渡るクマさん」をご紹介します。
指導者は座って足を開きます。
その足を踏まないようにクマ歩きで慎重に渡り、
何度も行ったり来たりします。

指導者の足を踏まないように歩くことで
空間認知能力が養われます。
慣れてきたら膝を曲げて少し高さを出したり、
足を開く角度を変えたりしながらレベルアップを目指して遊びます。

自分の手足を視覚でとらえ、効率的に動かせるように
身体コントロール力を上げていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る