最新情報・コラム

column

走るのが苦手な子には「つなわたり」で足の指先の発達を促します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「つなわたり」のご紹介です。

大縄跳びの縄などを床に置き、その上を渡っていきます。
ゆっくりで良いので、しっかりバランスをとりながら
縄から落ちないように進めることを大事にしましょう。

足の指先に力を入れることが大事なので、できるだけ裸足で行なってください。
また、フラフラしてしまう子には、足元ばかりではなく
少し前の方を見るように伝えてあげましょう。

慣れてきたら直線コースだけでなく、ジグザグコースや
円を描くコース、障害物があるコースなどいろいろな物にチャレンジしていき、
バランス力や指先の踏ん張り力を強く養い、
集中力や先を読む力も身に付けていきましょう。

どうしても苦手な子は、手をつないだり、縄ではなく平面のテープの上を
歩くような練習から始め、無理なく挑戦できるようにしてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る