最新情報・コラム

column

発達障害と睡眠障害には深い関わりがあるとされています。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの人の中には、生活がいつの間にか夜型になって
朝起きるのがつらかったり、
体はものすごく疲れているのに夜眠れないという人が多く、
ASDでも夜に何度も目が覚めたり、夜中泣いている。などの
ことで睡眠の問題を抱えている人が多くいます。

このような睡眠障害は、脳機能の問題と言われていて、
発達障害と睡眠障害は密接に関わっているとされています。
そのため、努力だけで改善するものではないので、
生活に支障がある場合は、専門家に相談することが必要になります。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「切り返しウシガエル」をご紹介します。
まずウシガエルの動きは、足を開いてしゃがみ、
両手をくっつけて中についたら、
手→足→手→足の順に前に出して進む動きです。

このウシガエルで、コーンを置いて作ったジグザグコースを
進んでいきます。
切り返しポイントにはコーンを置いておき、
ウシガエルでそこまで行ったら両手を軸にして、
お尻を外側に振るようにして、方向転換します。
この時、目線はコースの外側ではなく、コーンの方を
見なければうまく切り返しができません。
先に指導者が見本を見せて理解を促しておきましょう。

この遊びでは、跳び箱や側転など様々な運動の上達に
つながる力をつけることができます。

まだ腕の支持力が弱い子は顔から転んでしまうことが
あるので、子どもの発達段階に合わせて提供してください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る