最新情報・コラム

column

不登校になるリスクが高い発達障害児をしっかりサポートしていきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)やADHD、LD(学習障害)などの
発達障害を持っている子ども達は、
定型発達の子ども達に比べて不登校になってしまうリスクが
高いといわれています。

子ども達が楽しい学校生活を送れるようになるためには、
学校側や同級生に子どもの発達障害について
正しく知ってもらうこと、そしてサポートしていくことが
とても大切です。

そして、学校の終わった後も有意義な時間が送れるように、
放課後等デイサービスで支援していきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの「サルの玉乗り」をご紹介します。
鉄棒にぶら下がって、まずはサルのぶら下がりをします。
脇を締めて腕を曲げてぶら下がることができたら、
鉄棒の下に置いてあるボールに足を乗せ、玉乗りをします。
5秒できたら次の人と交代します。

ボールの上にうまく乗るためには、体重を全てボールに乗せるのではなく
腕で体重を支えながら乗ることがポイントです。
また、足先と膝をうまく使って、ボールの位置を
コントロールすることも必要になります。
この時、腹筋を強く使うことになるので、
まだ腹筋が弱くてうまくボールに乗れない子には、
ボールを支えてあげるなどの補助をしながら練習していきましょう。

少しずつ腕や腹筋を養っていき、逆上がり達成を目指していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る